1. トップページ
  2. 72の法則

72の法則・・・お金を2倍に増やすには何年かかるのか?

銀行で定期預金を組んでいても、投資で運用していても気になるのは「で、この金いくら増えるの?」ってこと。

ここで紹介する「72の法則」を知っていれば、
年利何%で運用できれば、何年で元本が2倍になるのか?が簡単にわかります。

超かんたんな数式なので、これは絶対に覚えておいた方が良いですよ!

72の法則で計算できることは

「年利○%で運用したとき、このお金(元本)は何年で2倍になるのか?」ということ。

計算方法はいたってシンプル。

72の法則

72÷年利(複利)%=2倍になるまでに必要な年数

これだけです。
つまり、「72を金利(複利)で割ると、元本が2倍になるまでのの年数がわかる」ということです。

例えば、年利3%で運用できると仮定して、上の式にあてはめると、

72÷3(年利3%)=24年

となり、24年間かかるということがわかります。

同じ計算で、1%、5%、7%、10%で計算してみると、

運用利回り 2倍になるまでに必要な期間 計算式
年利1% 72年 72÷1(年利1%)
年利3% 24年 72÷3(年利3%)
年利5% 14.4年 72÷5(年利5%)
年利7% 10.29年 72÷7(年利7%)
年利10% 7.2年 72÷10(年利10%)

↑このようになります。

ちなみに、2013年11月現在、メガバンクの定期預金の金利は軒並み「0.03%」ほど。
普通預金も「0.02%」程度。
金利が高いと言われているネット銀行でも5年物定期預金で0.2%くらいです。

この数字を72の法則に当てはめてみましょう。

金利0.03%だと・・・
72÷0.03=2400年!(笑)
24世紀必要です。

じゃ、0.2%だったら、、
72÷0.2=360年。。
何世代あとですか??

今の金利では、銀行預金をしていも、自分たちが生きている間に元本が2倍になることは無理というわけです。残念ながらこれが現実です。

1990年代初旬、メガバンクの定期預金は6%、郵便局の定期預金が8%という今では信じられない金利が付いていた時代がありました。(金利の推移

金利6%だと12年で元本が2倍になります。
子どもが小さいときにがんばって100万円定期預金を組んでおけば、12年後には200万円。進学のときに備えることも十分できたわけですが今では夢のような話ですね。

「72の法則」を使うと具体的なイメージができる

投資信託にしても他の金融商品にしても、これくらいで回れば、これくらい儲かるのかという具体的なイメージができないと取り組みにくいと思います。

ここで紹介した「72の法則」を使うと、お金が2倍になるのに何年かかるのか?をパッと計算することができるのでとても便利です。

大事なお金を投資するわけです、今投資している金融商品だと2倍になるのはいつなのか?今検討している商品に投資すると2倍になるのはいつなのか?をシミュレーションしてみるとよりリアルに将来を想像することができると思います。

投資信託の超キホン

長期で資産を作ろうぜ!

投資信託をもうちょっと深く理解する

サイト運営について