1. トップページ
  2. 運営者について

運営者情報

当サイトの運営者について。

管理人が投資信託、、というより投資をすることに興味を持ち始めたのは今から3年ほど前のことです。

私は39歳の男です。
結婚していて子どもが3人います。

昨今のニュースを見ていると年金の給付時期が遅れ、支給額が減るというなんとも悲しいことが取りだたされています。

2013年現在、年金の給付時期は満65歳です。
ちょっと前までは60歳でした。

少子高齢化が進む日本において、今後どんどん年金の支給は遅れていくことはほぼ確実と考えて間違いなさそうです。

私は65歳になったとき年金が支給されるのでしょうか?
おそらく無理でしょう。きっとそのころには70歳、、ひょっとすると75歳から支給ということになっているかもしれません。最悪のケースは年金制度が破綻してしまって、年金そのものが受け取ることができないということがあるかもしれません。

こんなことをリアルに想像しています。

定年退職の年齢も65歳にしてくれと政府が働きかけていますが、勤めている企業がそれまで雇用してくれる保障はどこにもありません。

ということは、年金が支給されたとしても、私たち世代の人間は、給付されるまでの何年かの間を労働賃金でまかなうか、貯蓄で何とかするしかないということになります。

老後の心配をする前に、子どもたちの教育資金も考えておかないといけません。
これまた悲しいニュースですが、家庭の事情で奨学金で学生生活を送っていた人たちが、社会に出たとたんに何百万円の借金を抱えてるということが報道されています。

この不況の日本ではそれも仕方がないことなのかもしれませんが、できることなら将来ある子どもたちには学費の心配をする事なくしっかりと学びを得てもらいたいと思います。
私が子どもの頃、つまり私の親の世代は定期預金の金利が9%という時代でした。
なのである程度のまとまったお金があれば定期預金として銀行に預けておくだけでお金はドンドン増えていきました。

しかし今はどうでしょう。
金利0.5%です。

定期預金を組んでいただけでは全くお金は増えません。

1年後に2倍にするとか、そういう急激な増え方を期待しているわけではありません。

長期にわたって、ローリスクで、尚且つ安定的にお金を増やすことを考えているわけです。

といっても、、普通のサラリーマンです。
まとまった資金はない。時間を味方につけるしかない。投資ド素人です。
プロの運用。手数料が安いです。

で、見つけたのが投資信託。まずはこれからスタートして、徐々にリスクもある程度とりつつ、資産形成を目指そうと思ったわけです。

管理人は投資のプロではありません。
みなさんと一緒に長期にわたって成長していきたいと思っています。

投資信託の超キホン

長期で資産を作ろうぜ!

投資信託をもうちょっと深く理解する

サイト運営について